Harrison Island ~HKT若田部遥応援ブログ~ 

HKT48若田部遥の応援ブログです,たまに他の話題もあったり…

「西日本シティ銀行」のCMにわかちゃん出演中!

★祝!初のセンター!!5thシングル「12秒」c/w『カメレオン女子高生』★

HKT48お披露目2周年!!【今日くらいは懐古厨になろうと思う】

今から2年前、2011年10月23日
西武ドームでの「フライングゲット」握手会にてHKT48がお披露目されました68846324d7e7bb7d47d7507fbcbadb39
ついさっきのわかちゃん+の投稿より
今日で西武ドームのお披露目から2年(˘︶˘).。.:*♡

早いなぁー

みんなで全力疾走したことが昨日のことのように思い出せます。

「いきなりHKT48のovertureがかかったら今日来てる人たちびっくりするよね?」
ってみんなで何回も話していました╰(´︶`)╯

初めて立った憧れのステージは、ライトがすごく熱くて、
天井が高くて(ドームだから)、お客さんは遠くて(ドームだから)、
かわりに取材の方たちが目の前にいっぱいいて、
予想してたのとはちょっと違ったけど、すごくキラキラしてたのを覚えてます\(^^)/

そして、懐かしの写真。笑

笑顔がぎこちないよー( ̄▽ ̄)

成長したなぁ。

もっともっと頑張らなきゃ!

これからも応援よろしくお願いします( ´ ▽ ` )ノ

23 - 1

みんな垢抜けてないというか初々しいですね~(笑)
特に穴井キャップ(後列右から2人目)やわかちゃん(前列左から5人目)は
今とはだいぶ印象が違って見えますね^^

このHKT48のお披露目、夕方のワイドショーとかでも取り上げられ
(日テレのnews everyで出てきたのをはっきりと記憶してます)
翌日のスポーツ新聞にもデカく掲載されてました
で、注目すべき子としてわかちゃんが
「若田部健一の娘がHKT48に!」
って感じでピックアップされていたのを今でも鮮明に覚えています

当時の私はりのりえは推してましたが、他のグループにはあまり興味がなく
しかも新しくできたということで予備知識も全くなし…
「ふ~ん博多にも出来るんか」程度しか思っていませんでしたし
わかちゃんも「若田部?そーいやゲームで見たことあるな…」程度しか印象にはありませんでした

でも、「若田部遥」の存在ってのはそこではっきりと記憶したわけです
もしかしたら存在を知るだけで終わっていたかもしれなかったです
現実は不思議なもので
まさか1年後に自分がHKT箱推し、わかちゃんを推すことになるとは当然知る由もなく(笑)
その原因となったさっしー(当時AKBで写真では前列右から4人目)も
まさか1年後にHKTにいるとは思ってなかったでしょう
当然HKT48のメンバーもまさかさっしーがやってくるとは想像もつかず…(笑)
2-72ddf
「たられば」論は不毛ですしやるべきではありませんが
「もしさっしーが博多に来なかったら」
HKTはどんなグループになっていたんでしょうね?
ただ一つ言えることは、私は今のHKTが大好きですし
こうしてHKT、そしてわかちゃんを応援するようになったのもさっしーのおかげなのです
あの当時は色々心配させやがったけど(苦笑)さっしー、ありがとう(笑) !!!

11月26日『手をつなぎながら』公演がスタート!!
当時の1期生全員写真(わかちゃんは中段右端)↓
a7584_756_img20111114hkt48a
この当時ははるっぴ(この当時は「はるるん」でした)こと兒玉遥ちゃんと
なつこと松岡菜摘ちゃんのダブルセンターでした 

そして2012年の3月4日、チームHが結成!(当時のチームHメンバー↓)
HKT48
そして6月16日、さっしーのHKT移籍が発表され、7月5日にHKTでの初公演を迎えます 
(写真は8月12日の秋葉原出張公演、わかちゃんは中段右端↓)
12
しかし、HKTの激動の日々はまだ続きます
上の写真の出張公演直後8月18日には一期生5人の活動辞退 
更には同じ月の24日にはらぶたんの移籍発表(移籍したのは11月)!

このころまどか(森保まどか)がある番組で
「増えたり減ったりしてるんで(今何人いるかわかんない)」
なんてこと言ってましたが(笑)
一期生にとっては
いきなりの総選挙4位の大先輩の移籍に
仲間の突然の離脱、更にらぶたんの移籍とホントに激動と不安の日々だったでしょうね…

しかしこれをみんなで乗り越えたのち、さっしー率いるHKTの進撃が始まるわけです
2期生のデビュー、HKTのメンバーの個性を発信し発掘した
日テレの「HaKaTa百貨店」、TBSの「HKT48のおでかけ!」 のスタート
(どちらも始まった当初は「大丈夫かこれ?」って出だしでしたが
回を追うごとにメンバーの個性や成長が見られましたね^^)

『博多レジェンド公演』のスタート
そして1st「スキ!スキ!スキップ!」でCDデビュー、そして即オリコン1位を獲得!!スキ!スキ!スキップ! 1
で、2nd「メロンジュース」を発売しこちらもオリコン1位獲得で現在に至るわけです

これまでの2年間を振り返ると
決して順調にステップアップしていったわけではなく
紆余曲折をたどり四苦八苦しながら現在まで進化しているのが分かります

もうすぐ3期生も入ってきますし
ドラフト候補生も入ってきます
チームHは新公演も(やすすがちゃんと仕事してるんなら 苦笑)12月22日に控えています
そしてもうすぐ11月2日に
チームHと研究生の合計39人全員が一緒になって1つの公演を行う
「ひまわり組」公演として『パジャマドライブ』公演がスタートします

これまで何度もそんな「激動」をくぐり抜けて
成長を続けてきたHKT48、そしてわかちゃん
これからも色々たくさん辛いことやビックリするようなことがあるかもしれない

でもきっとまたもっと成長できるはず
だってこれまでがそうだったから

汗を流したその分だけ
どんな願いだって 叶うんだ
(「そこで何を考えるか?」より)

HKT48、若田部遥の3年目に光あれ!!! 

2014年ドラゴンズ新体制発表!! コーチ紹介②

LOTTE×HKT48『自撮り48』投票実施中!
わかちゃんことHKT若田部遥への投票を!!↓
http://lotte-chocotv.jp/hkt48/
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

今回は谷繁監督とともに戦った元ハマ&竜戦士のコーチ3人を紹介します 

まずは佐伯貴弘二軍監督兼打撃コーチ
f0228612_17451226na-111030-01-ns300
おもに一塁手、外野手として横浜で活躍
95年にはファン投票でオールスターに、96年には4月の月間MVPを獲得しています
98年はマシンガン打線の6番打者(中根仁との併用)として活躍、
谷繁監督や後に紹介する波留コーチとともに日本一に貢献

04年にはこの年のリーグ3位の自己最高の打率.322を記録し
05年は牛島監督のもと4番打者として全試合出場を果たしました 

08.09年と代打の切り札として活躍しましたが10年に戦力外通告
11年にドラゴンズへとやってきます
主に代打の切り札として活躍し当時の球団最年長三塁打&ホームランを記録してます(当時41歳)
通算1597安打、156本塁打で現役引退

ドラゴンズに在籍したのは2011年の1年間だけでしたが
優勝決定時の「1人だけフライング涙↓」で他の選手、落合監督にまでイジられたり(笑) 
1_20120731225641
f4e2b894
e1e28edc
また浅尾が佐伯を慕っており、CS前に「何か力になる言葉をくれ」という要望に応えて
「いつも通りが今のMAX」という言葉を帽子に書くなどチームメイトにもファンにも愛されました 
あと横浜時代の「何のための前進守備だぁ~~!!」
も某所(なんJ)では有名ですねww(「佐伯」でYoutube検索すると出てきますw)

続いて友利結(デニー友利)投手コーチ
tomoriPK2007031502101481_size0
成績としては西武時代の成績がダントツでいいため
(4年連続で50試合近く登板)
西武のイメージがある人もいるかもしれませんが
もともとは横浜(大洋)の投手で、06.07年にはドラゴンズにも在籍しています

ちなみに05年度当時MLBにいたデニー獲得を進言したのは
西武&横浜時代にコーチをしていた森繁和HCです
今回のコーチ招聘も森さんの呼びかけかもしれませんね

去年から今年まで横浜DeNAの投手コーチを務めていました

そして波留敏夫外野守備走塁打撃コーチ
t02200391_0480085412270089942200904210148233a9
ポジションは外野手(センター)
リードオフマンの1番石井琢朗(現広島コーチ)とのあうんの呼吸で
ヒット&ランや単独スチール、バント(送りバントは権藤監督のチーム方針として滅多にしなかったが)
を決めるノー・サインの波状攻撃
そして恐怖の3番鈴木尚典へつなぐ横浜マシンガン打線の2番として活躍
闘志を前面にしたプレースタイルと
打ち出すと止まらないことから「ハマの核弾頭」と呼ばれることも

99年には自己最高の打率.298を記録し、
2番打者ながら生涯最多となる15ホームラン、70打点、盗塁も生涯最多となる21を記録し
ベストシーズンとなりました

ドラゴンズには01年に種田仁(ガニ股打法で有名ですねw)らとの交換トレードでやってきますが
思うような成績は残せず02年オフにロッテへ移籍、04年戦力外通告を受け引退

その後は06年から今年までベイスターズの1軍コーチ(打撃や外野守備走塁コーチなど)を務めました
今年は球団社長と大ゲンカをして罰金100万を払わされるなんてこともありましたが
球団社長(年下)に「勝てますか?」と聞かれ
「勝負事だからわからない部分もある」と返すと
「勝つ気あんのか?」と言われ
「勝つためにやってんだよ!!」と激高したのが真相
コーチになっても闘志むき出しのスタイルは変わっていないようです

谷繁監督と横浜そしてドラゴンズでともに戦った3人
友利コーチには
森コーチ、ブルペンの近藤コーチとともに投手陣の立て直し
佐伯&波留コーチには
打率.245(12球団最低)、得点526(セリーグ最低)とどちらも
低迷したここ数年の課題である貧打の解消を達成してもらいたいですね^^

2014年ドラゴンズ新体制発表!! コーチ紹介①

LOTTE×HKT48『自撮り48』投票実施中!
わかちゃんことHKT若田部遥への投票を!!↓
http://lotte-chocotv.jp/hkt48/
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

今日、谷繁新監督率いる中日ドラゴンズの2014年のコーチ陣が発表されました!
http://dragons.jp/news/2013/13102201.html
1軍と2軍への振り分けは後日と言うことだそうです

さてさて、選手についてはよく知っていてもコーチについてはあまりよく知らない
という人も多いのではないでしょうか?
ということで、今回から何回かにわたって
2014年の新体制のコーチ陣の現役時代やコーチ歴などについて紹介していきたいなと…

まずは落合監督の右腕として活躍した
竜党なら知っている人も多いであろう森繁和1軍ヘッドコーチimg_4a83458b461dbc64b507ff7749589a47276925
現役時代はおもにリリーバーとして西武で活躍し
1983年には34S(当時の日本記録)最優秀救援投手にも輝いてます 
ちなみに1982年、西武の所沢移転1年目の開幕投手でもあります 

コーチ歴としては現役引退した89年から西武の二軍投手コーチに就任
92年からは一軍へ昇格し98年途中まで務めますが
投手陣低迷の詰め腹を切らされ2軍へ、そして99年に西武を退団
00~01年は日本ハム
02~03年は横浜で投手コーチを務め
04年に当時の落合監督の誘いを受けドラゴンズの投手コーチに

絶対に投手の調子や故障情報を外に漏らさず、そして厳しい投手への指導から
「投手采配は全て森に任せる」ほど 
落合監督の全幅の信頼を受け、ドラゴンズの黄金時代を名参謀として
11年まで竜の投手陣を支えました
ドミニカとの太いパイプを持ちブランコなどを発掘したりもしています
f4ed8ba8
ご覧の通り(笑)コワモテ(どうみても見た目は893です 苦笑) でかつ厳しい指導で有名ですが
選手からの人望は厚く、兄貴分として慕われています


辻発彦
内野守備走塁コーチは
セカンドとしては歴代最多の8度のゴールデングラブ賞を受賞し93年には首位打者も獲得、
西武の黄金時代を支えた走攻守全てを兼ね備えた二塁手です
ヤクルトでもプレーしました
img_461838_11026449_2
「投手が打ち取った当たりをヒットにしないで確実にアウトにする」ことを信条とし
打者の打球傾向、捕手のサインから打球方向を予測していたそうです

ヤクルトでの現役晩年ごろから今年引退した宮本慎也選手らへ守備の助言をしていたそうで
00年の引退後はヤクルトの二軍守備コーチ
02年からは横浜で守備走塁コーチを務め内川聖一らを育て
06年にはWBC日本代表の内野守備走塁コーチ(3塁コーチ)も務めています

07年にドラゴンズの二軍監督に就任し1年目でウエスタン優勝&ファーム日本一
10年からは一軍の総合コーチ、11年途中からは更に三塁コーチャーとして
作戦面で落合ドラゴンズを支えました 

どちらの方も現役は西武の黄金時代を支え
コーチとしては落合政権の参謀として常勝軍団へ育てたコーチです 

今年先発リリーフともけが人の影響等で
防御率3.81(リーグ4位)と崩壊した投手陣の立て直しを森コーチの手腕で


そしてポスト「アライバ」の育成と
失策数78と地味にセリーグ3位の(以外に悪い)守備陣
辻コーチの経験と守備理論で立て直して


再びドラゴンズの強い「守り勝つ野球」を復活させていただきたいものです!! 
最新コメント
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター(PV)
  • 今日:
  • 累計:

メッセージ

名前
メール
本文
アーカイブ
HKT48最新記事&まとめ

ジオターゲティング
  • ライブドアブログ